高級賃貸マンションとは

tower (5)高級賃貸マンションとは一か月の家賃だいたい30万円以上の部屋があるものが高級賃貸マンションでしょう。立地も大事です。東京だと、港区の代官山、原宿、白金台、高輪、広尾、南麻布、渋谷区の松濤、大田区の田園調布、といったあたりでしょう。このあたりは昔からの高級住宅地になっており、お金持ちも多く住んでいるエリアですので、かなり土地も高額になっています。したがってマンションなどを建ててもかなり高額になるからです。ですが、場所がら高額になりますが、ひとつあたりの部屋の大きさは小さくなってしまうこともあります。

タワーマンションで高級賃貸マンションもこのような定義になりますが、家賃も30万以上のものがある物件が高級賃貸のタワーマンションといえるでしょう。ですがタワーマンションは比較的、低層高級マンションよりも賃料は安いものが多いようです。渋谷区についていえば、低層高級マンションが家賃が40万からのものが多いのに対してタワーマンションは25万からのものも比較的多くあります。タワーマンションを購入する層が若い世代が多く賃料も比較的に購入しやすい賃料になっているといえます。それと、最近の傾向として、タワーマンションを敬遠しがちな傾向も東日本大震災以降になってきているのも否めません。地域によりますが、タワーマンションの賃料が安くなりがちになってしまう傾向はあります。ただしながら、徐々にですがそれも回復してきています。※マンションじゃなくて家を建てたい人はこちらを参考(→大阪で注文住宅を建てる

賃貸豆知識 保証人は誰にしたらいい?

賃貸マンションやアパートの審査で必要な保証人ですが、それを誰にしたらよいのかといえば、その契約者の2親等までが一番いいでしょう。親がいれば親、祖父母、兄弟といった所です。それが一番いいのですが、もしそれがいない場合。友人、同僚、会社の上司といった所になりますが、もしその場合には審査に通るのがかなり厳しくなってしまうでしょう。
何故、こういった保証人が必要なのかというのは、もし、契約者に何かあった場合に、家賃を代わりに立て替えて支払ってくれるかどうかに掛かるのです。その場合、親族ならばこういった時にはまあ、対処してくれる人が多いと思われますが、ですが、それが、友人、同僚、それに会社の上司、といった場合ですと、赤の他人という事になります。その場合、果たして立て替えてくれるでしょうか。
そういった懸念もあるために、保証人は親族、それも2親等までが望ましいと言えます。周りにそういった人がいなかったのなら、どんなに遠い親族であっても、友人知人より良いのです。それは、支払が滞った場合に支払いをしてくれるという事もありますが、友人の中にはそういう事も請け負ってくれる人もいると思います。ですが、もし、契約者が何らかの事故に巻き込まれて、長期入院、または不慮の事故によって死亡となった場合にその身元を請け負ってくれるのかというと、それは難しいでしょう。そういった場合も考えられますので、やはり保証人の選定には気をつける必要があります。

エリアガイド

おススメのグルメや地域情報。仕事柄、その土地の人気のスポットやお店には詳しくなっています。人気スポットといっても、グルメやエンタメだけでなく、評判の歯医者やおすすめの養護施設なんかも耳にします。ここでは、実際に噂にたがわぬおすすめのスポットやお店、施設などを紹介していきます。

審美歯科 東京

http://www.sstviaggi.com

東京の審美歯科で評判な医院はたくさんありますが中でもお勧めです。病院が患者さんに臨む姿勢、真摯な態度、最先端の技術を追い求める姿勢にはやはり高い評価が与えられています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ